懐かしの電子ブロックで子供たちと遊んでみた。

その他

 

2020年のゴールデンウィークですが 新型コロナウイルスのため「緊急事態宣言」発動中です。不要不急の外出は控えましょうとのこと。

我が家の子供たちは 外にも出れず 友達とも遊べず、毎日の日課となってしまっているテレビゲームにも少し飽きてきたようです。

私もせっかくの連休なので どこか楽しく遊べるスポットにでも連れて行ってやりたいのですが 何しろ世間はステイホームですから、どうしようも出来ず。

家にあって 子供たちと一緒に遊べるものは? テレビゲーム以外となると トランプ カルタ オセロぐらい?

うーん テレビゲーム以外になにかないかなぁ~と クローゼットの中を探してみたら懐かしいものが出てきました。 電子ブロックです。

 

電子ブロック EX-150とは

クローゼットの奥から取り出してきた 電子ブロック EX-150です。ほぼ新品状態。

電子ブロックとは 

『あらかじめ電子部品や配線が組み込まれたブロックを並べることで電子回路を組んで実験が行える電子玩具』 ウィキペディアより

電子素子(抵抗やコンデンサー)が各ブロックに取り付けられおり そのブロックをボードに並べていくと いろんな回路が作成できます。

私と歳の近いお父さんがたなら ご存知の方も多いのではないでしょうか?

子供の頃 購読していた「学研の科学」に必ずと言って良いほど 毎号に広告が掲載されていて、その広告を見るたびに欲しいなーと思っていた事を思い出します。
しかし 子供にはとても高価な代物で 結局手に入れることは叶いませんでした。(当時で1万3000円ぐらいだったかな?)

学研ホームページより引用

それから数年の月日が経ち、私も大人になったころ、その電子ブロックの復刻版が発売されることを知り、「欲しいなー 欲しいなー」と言いまくっていたら その当時付き合っていた彼女が見かねてプレゼントしてくれました。(ちなみに今の奥さんなので問題ないです)

それでも もう20年ぐらい前の品物です。
買ってもらったは良いが 当時は若さゆえ 仕事も遊びも忙しく殆ど使わずしまっておりました。(せっかく買ってあげたのになんで使わないのよ!! ホントはそんなに欲しくなかったんじゃない?と かなり責められましたが・・・。)

まぁ その当時は他の遊びで忙しかったから、電視ブロックまで手が回らなかったというか・・・

将来子供ができたら一緒に遊ぼうと思い そっとクローゼットの奥に封印していたのですが ついにその封印を解く時が来たのでした。

 

 

電子ブロック はじめてみる

さっそく 子供たちと電子ブロックを使って遊んでみることに。

とりあえず電池を入れ ボードに並べられているブロックを全て外します。

5歳の息子はやるき満々です。

 

ラジオやブザーやウソ発見器などの回路をブロックを並べて作るのですが、いきなりそんな回路を作れる訳もありません。

なので付属の回路集の中から作りたい回路を選び その見本と同じようにブロックを並べていきます。

最初なので 音がなる回路なんかが楽しいかと思い 『ダイオード検波ラジオ』回路を選びました。

子供たちは 訳も分からないまま ひたすら見本と同じブロックを選び、並べております。

 

5分ぐらい経ったでしょうか、ブロックを並び終えたので スイッチONです!!

・・・・・?
ん? 音 鳴らないじゃん

壊れているのか? うちの電波状況が悪いのか? まったく音がなりません。

まあ 20年以上前のものなので 故障してたのかな?

 

せっかく作ったのに全く音が聞こえず、子供たちががっかりしていたので、
本当に故障しているのか ためしにもう1回路作ってみることになりました。

ヤバ、 写真ピンぼけ(w)

 

次は誘導体と不導体が判別できる回路に挑戦です。

テスター棒で 誘導体に触れると LEDのランプが点灯、不導体に触れるとLEDランプは点かない回路です。

これは 無事に作動しました。

針金やハサミ 鏡や鉛筆などいろいろな物を持ってきて これは電気を通す物、 これは電気を通さない物と確認しておりました。

このあと ブザーがなる回路や鳥の鳴き声のような音が出る回路など いくつか作って遊びました。 

 

 

まとめ

20年ぶりに出してきた電子ブロック、なんとか動いて良かったです。

これは抵抗 これはコンデンサー これはダイオードだよと説明しながら一緒に作りましたが 7歳と5歳には まだ難しいですね。

ただ 二人はとても面白かったようで またやりたいと言っております。

5歳の息子には5年生になったら この電子ブロックあげるよと約束しました。
(まだ早い、何でもすぐグチャグチャにするので まだあげる訳にはいきません。)

 

理科が嫌いな子供が増えていると聞きます。

ちょっとでも 二人が電気や実験することに興味を持ってくれてた良いなと思いました。

created by Rinker
学習研究社
¥4,980 (2024/04/22 20:02:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました